ザイデナができたわけ|ベターヘルスの公式サイトはコチラから

ザイデナができたわけ

今では第四のED治療薬として人気ですが、実はその用途は本来のものではないことをご存知ですか?
ザイデナはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発され、日本でもその用途で販売が許可されています。その作用として勃起の働きを助けるので、ED治療薬としても注目をされています。だから、製造者からすると、前立腺肥大症薬を開発していたのに、その作用として勃起する働きを助けるので、ED治療薬としての効果がありますよと言ったら、みんながそちらに食いついたという感じです。でもED治療薬の歴史を紐解くと、有名なバイアグラもそうなのです、バイアグラもザイデナと同じくもとはED治療薬として目的で開発されたのではなく、狭心症の治療薬の開発をしていた際に、処方していた患者さんから、服用すると勃起しやすくなるという声が上がり調べてみると、なるほど勃起の働きを向上させる作用があると確認され、それからは狭心症の薬としてではなく、ED治療薬としてデビューしました。バイアグラもザイデナも違う目的を目指していたものが、思ってもいないところで効果を生んだということですね。

 

EDは放っておいても改善することはない
予備軍も入れると1000万人を超えるといわれているED。もう国民病といってもいいほどです。しかし、医療機関にかかるにも、なかなか保険が適用されない事や、恥ずかしさもあり、兼営してしまっている人がほとんどです。しかし、EDは風邪などとは違い、何もしなければ改善することはありません。原因はペニスに血液が流れにくくなることなので、血液か血管に異常がある場合が多いです。ED治療薬ではその血液の流れをよくする効果がありますので、勃起が起きやすくなります。血流が一度よくなると血管内の障害が取り除かれ改善に向かい、何より勃起したということが自信になり、精神的にもいいのです。

このページの先頭へ戻る