個人輸入を行う際の注意点|ベターヘルスの公式サイトはコチラから

ベターヘルス 個人輸入を行う際の注意点

ベターヘルス

ベターヘルスのホームページでは海外の医薬品を個人輸入にてご注文いただくことができます。個人輸入を行う際には注意いただき点があるのでご難内します。個人輸入はどなたでもご利用いただくことができる制度でありながら、海外で流通している医薬品なら劇薬でも購入することができてしまいます。劇薬とはその名の通り使用方法を間違えると体に悪影響が出てしまうものです。劇薬でも症状とマッチしていることで、その効果を発揮することがもちろんできます。

 

また、医薬品には飲み合わせが禁止されている成分が存在します。医薬品は服用してすぐに分解されるわけではありません。何時間かは成分が体内にとどまります。Aという医薬品とBという医薬品があるとします。Aの医薬品の成分が体内に残っている状態でBの医薬品を服用してしまって、体の中でAの成分とBの成分が化学反応を起こしてしまうことがあります。この反応が体に悪影響を及ぼすことがあります。このような組み合わせの医薬品のことを禁忌薬と呼びます。

 

ベターヘルスのホームページでも禁忌薬については説明がされていますが、飲み合わせができない医薬品があることを知っておいてください。特に、購入される医薬品の禁忌薬は注文される前には承知されていることが、ベターヘルスの個人輸入をご利用の最低条件です。個人輸入では自身の責任においてご利用されることが前提となっています。

このページの先頭へ戻る